〒990-2314 山形県山形市谷柏20番地 
TEL 職員室…023-688-2316   
   寄宿舎…023-688-2312 
   事務室…023-688-2320
FAX 職員室…023-688-2841   
E-mail:yyamaro@pref-yamagata.ed.jp

 
 
 


幼稚部 

 幼稚部では、友達や指導者と一緒に、季節の行事や様々な遊び、交流活動などに、元気いっぱい取り組んでいます。そのなかで、聴覚を活用して言葉の力を育てることを大切にしています。
 
 

1 幼稚部の教育目標

   よく聴きすすんで表現する力と、自ら活動する意欲を育てる。
 

 

2 方針

 ・幼児と心を通わせ、保護者の思いを丁寧に聴いて信頼関係を築く。
 ・個別の教育支援計画、個別の指導計画、日々の実態把握をもとに個に応じ た指導を行い、聴覚活用をすすめるとともに、
   言葉の拡充と定着を図る。
 ・幼児が安心感をもち、楽しく活動できる生活をつくる。
 

3 重点

(1)確かな日本語力、学力を育む指導の充実
   ①諸検査(遠城寺検査、日本語理解テストなど)、日常のやりとりと観察、指導者間の情報交換などにより、幼児の聴こえ、
   理解力や言葉の力、特性などの実態を定期的に把握する。
 ②五感をつかった遊びや季節の行事など、幼児が主体的に活動したり表現したりする環境を設定する。  
 ③幼児の実態に応じて、絵や写真、手話や指文字、文字などの視覚的手がかりを活用し、分かることやできることを増や
     していく。
 ④幼児一人一人の興味関心、心の動きに添って、表現のモデル提示とやりとりを繰り返し、言葉の力とコミュニケーション
      意欲を育てる。
 ⑤補聴機器を装用していろいろな音や声を聴く楽しさを知らせ、聴覚活用を図る。
 ⑥活動内容とねらいによって、学級活動、グループ活動、合同活動、個別などの学習形態をとる。



(2)キャリア教育の充実
   ①あいさつや返事の習慣化を図る。
   ②身のまわりのことを自分で行おうとする気持ちを育てる。
   ③当番活動や幼児の仕事を意図的に設け、役割を果たす満足感を感じられるようにする。
   ④幼児が自分で選択したり決定したりして行動する場面を多く設ける。
   ⑤生活のきまりに気付き、考えて行動しようとする態度を育てる。
   ⑥地域の幼稚園との交流を通して、いろいろな人とのかかわりを経験できるようにする。

    
(3)その他
      保護者教室を定期的に実施して、幼児の育ちや聴こえにくさへの配慮等について話し合い、学校生活への理解と協力を
   得て連携していく。
 

3 平成30年度日程と年間行事予定

(1) 日程
 
 • 週に1回程度、保護者教室をしています。
 • 幼稚園教育要領に示された「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」に加え、「自立活動」の計6領域の内容を総合的に扱い指導しています

 
H30山形聾幼稚部年間計画